大阪市立中学校本格的に給食開始

6月から大阪市立中学校ではクラスを2つに分けて、午前・午後に3時間授業+給食(パンと牛乳のみ)が始まりました。

育ち盛りの子どもたちがパンと牛乳だけでお腹がいっぱいになるのかな?と思っていましたが、パンの密度が高いからか(?)1つ食べたらお腹がいっぱいになるらしいです。

Left Caption

1個でお腹がいっぱいになるパンに興味津々です。

スポンサーリンク

大阪市立中学校本格的給食開始

大阪市立全ての小学校・中学校は6月15日(月)から通常授業が再開となりました。

まる子が愛してやまない本格的な給食も始まりました。

まる子が通っている中学校では『親子方式』(給食調理設備を持っている学校で調理した給食を他の学校に搬送する方式)での給食となります。

まる子の小学校時の給食は、私たちの時代にはなかったハイカラなメニューがたくさんありました。

中学校のメニューも美味しそうです♪

そんな美味しそうな学校給食費(令和元年度)中学校では300円/日、5,100円/月らしいです。(※月17日給食を実施したものとした額)

年間に換算すると中学校では約49,500円になるようです。

ありがたいことに令和2年度給食費は徴収されません。

Left Caption

学校で給食をいっぱい食べて来てね~。

思春期でも給食のお代わりをするのか?

まる子は高学年になると、小学校でほぼ毎日給食のお代わりをしていました。

中学校でもお代わりをするのか気になります。

Left Caption

中学校で給食のお代わりしてるの?
私

まる子

今はそういう雰囲気じゃないねん・・・。

小学校と中学校の給食の違いを聞いてみました。

・パンの大きさが大きくなったように感じる。

・大おかずの量がかなり増えた。(給食当番で盛り付ける子は大変らしいです。)

給食は変わらず美味しいようです♪

羞恥心を私のお腹の中に忘れて来たと思われるまる子。

お代わり出来る雰囲気になれば思春期の女子(まる子)はお代わりするのか?

給食のメニューも美味しそうで気になるけど、まる子がお代わりするのかも気になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります。
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク