RUNが『ラク』に感じる理由

最近なぜだかわかりませんが、走っていてもラクに感じることが多いです。

以前と違い適度にRUNオフしていることも要因かと思いますが、

他に何か理由があるのかと思い調べてみました。


今日はそんなことを書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

RUNがラクに感じる理由


まずラクに感じるということ。

つまりずっと走っていられるペースというのは、最大心拍数の80%以下ということです。

それを超えてしまうと無酸素ゾーンに入り、一気に苦しくなるとのことでした。



そう考えるとまずは一定のペースで走るということが求められそうですが、

それは最近のラップを見ていると出来ている気がします。


また大きなポイントである最大心拍数も、もしかすると長く続けているRUNのおかげで

少しずつ成長しているということかもしれません。



つまり最近RUNが楽に感じるのは、最大心拍数が高まったこと、

そしてその最大心拍数の80%を超えないペースを維持して出来ていることが挙げられそうです。



もしかすると経験者の方ならば当たり前のことかもしれませんが、

僕は初めて知った知識なので納得することが出来ました!



そんな感じで最近は走りに行くことが億劫ではなくなってきたので、

今週末はロングラン(距離未定)に臨んでみようかな~と企んでいます!

Left Caption
いよいよあそこのアレが食べれるのか?!

皆さんもよい週末をお過ごしくださいませ!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング